セラミドが含まれる食品は何?食べることで肌への効果はあるの?

セラミドは肌の潤いを保つ保湿成分として知られる成分ですが、肌に塗るだけでなく、セラミドを含む食品やサプリメントを摂取することも肌効果があると言われています。

今回はセラミドが含まれる食品やその効果などについてご紹介します。

 

セラミドとは

セラミドはお肌の一番外側に存在する角質層の構成成分のひとつで、細胞間脂質と呼ばれる物質です。

セラミドは水分を豊富に含む角質細胞 抱え込むような形で存在しており、肌の水分を保ちかつ外部からの刺激から肌を守る役割を果たしています。

セラミドは加齢や紫外線などの刺激によって減少していきます。

セラミドが減少すると角質細胞を保持することができなくなり、その結果お肌の水分は減ってしまい、乾燥肌やニキビなどの肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

また、角質層が持つ強固なラメラ構造も崩れるため、本来お肌が持っているバリア機能も低下してしまいます。

このようにセラミドは肌の潤いを保ち、そして外部の刺激から肌を守るために欠かせない成分なのです。

 

食品のセラミドが肌に与えるメリットは?


セラミドは私たちが普段食べる米や小麦などの食品の中にも含まれています 。

このため食品からもセラミドを摂取することができます。

セラミドは肌の角質層に含まれる成分なので、セラミド配合の化粧品などを肌に塗ることで保湿するのが一般的です。

それではセラミドを含む食品を摂取することによって、肌を保湿することは可能なのでしょうか?

現時点では、食品中に含まれるセラミドがスフィンゴシンという物質に分解され、肌のセラミド生成に寄与し保湿に繋がるという説もありますが、まだ研究段階でありはっきりとしたことは解明されていません。

現在保湿効果に関する明確なエビデンスはないものの、一部ではセラミドを飲み続けて保湿効果が得られたという研究結果もあるようなので、一概に効果なしと決めつけることはできません。

また、こんにゃくはセラミドを多く含む食品ですが、こんにゃくの産地では肌のきれいな人が多いという話も耳にします。

期待しすぎは禁物ですが、全く効果が無いとも言い切れない状況であり、今後の研究結果が待たれるところです。

 

セラミドを含む食品


セラミドは米や小麦、牛乳、こんにゃくなどに含まれています。

また、ごぼう、ひじき、わかめ、小豆、黒豆、黒コショウ、コーヒー、紅茶など、色の黒い食品、飲み物にはセラミドを作るための原料「フィトケミカル」という植物の防衛成分が多く含まれています。

さらにセラミド配合のサプリメントも健康食品として多く販売されています。

サプリメントならあれこれ考えることなくセラミドを摂取できるため、手軽かつ効率よくセラミドを摂りたい方におすすめです。

 

セラミドの生成を助ける食品

肌のセラミドを増やそうと思った場合、セラミドを含む食品を摂ることもいいのですが、それ以外にも、セラミドの生成を促してくれる食品を摂ることも有効です。

まずは緑黄色野菜です。

緑黄色野菜は抗酸化作用があり、活性酸素を減らす効果があります。

肌への刺激などによって発生する活性酸素はセラミドの生成を妨げてしまうため、活性酸素を退治してくれる緑黄色野菜を食べることはセラミド生成を促すことにつながります。

次に血行を良くする働きのある食品は、セラミドの材料となる物質や栄養を肌へ届けやすくしてくれるため、セラミド生成を促してくれます。

玉ねぎやジャガイモ、きゃべつ、白菜など、血流を良くする食品は積極的に摂るようにしましょう。

なお、セラミドは肌の再生サイクルであるターンオーバーによって作られるため、ターンオーバーを促すビタミン類はセラミド生成に大いに役立ちます。

栄養は一種類をたくさん摂れば良いというものではなく、いろいろな栄養をバランスよく摂取することで、その効果が発揮されるものです。

ここで挙げた食品を摂ることはもちろんですが、それだけでなく他にも色々な栄養を含む食品をバランスよく摂るようにしましょう。

 

セラミドを減少させる食品

食品の中にはセラミドを減らしてしまうものもあります。

それはリノール酸です。

リノール酸はグレープシードオイルやひまわり油など、植物性の油に多く含まれています。

マーガリンやドレッシング、インスタント食品などがリノール酸を含む食品に相当します。

リノール酸は身体の中で作り出すことができない必須脂肪酸です。

そして実は、リノール酸はセラミド生成の原料でもあります。

皮肉なことに、リノール酸を過剰に摂取してしまうとセラミドの生成を妨げる結果となります。

それは、リノール酸を過剰に摂取するとアラキドン酸という物質が作られ、セラミドの生成を阻害・減少させてしまうためです。

セラミドの原料だからと言って、摂り過ぎるのは逆にセラミドを減らしてしまうので、リノール酸を含む先に挙げたマーガリンやインスタント食品などは、摂り過ぎないよう注意することが大切です。

 

セラミドの必要量


セラミドの1日に必要な摂取量は、0.6mg程度と言われています。

これを食品で摂ろうとすると、白米のご飯で25杯、小麦粉から作られるスパゲッティでは3皿食べなければいけません。

最も多くセラミドが含まれると言われるこんにゃくでも、およそ1丁の半分必要です。

他にもセラミドが含まれる食品はありますが、毎日食品によって必要量を満たすのはちょっと現実的ではありませんね。

 

サプリで摂るのが現実的かも

セラミドを摂取するのに、食品からのみ摂ろうとするのは非常にたくさん食べなければならないため、現実的ではありません。

どう考えても、毎日ご飯25杯など食べれませんよね?

栄養バランスを考えても良くありません。

そこで強い味方となるのが、セラミド配合のサプリメントです。

セラミドサプリは色々な種類のものが販売されています。

セラミドの種類や配合量を確認の上、選ぶようにしましょう。

 

 

食品でおすすめはこんにゃく


色々な食品に含まれるセラミドですが、おすすめなのがこんにゃくです。

こんにゃくには他の食品に比べ、たくさんのセラミドが含まれています。

その含有量は米や小麦の7~16倍にも達することから、セラミドを効率よく摂取するのに適しています。

 

こんにゃくはアレルギーの心配が少ない

植物に含まれるセラミドは「グルコシルセラミド」と呼ばれるものです。

このグルコシルセラミドは人間の肌の中にも存在していて、肌の水分及びバリア機能を保つ重要な役割を果たすことが判明しています。

グルコシルセラミドは、小麦や大豆などのこんにゃく以外の食品にも含まれています。

しかし小麦や大豆などはアレルギー反応を示す人も少なくなく、アレルギー持ちの人は食べることができません。

一方こんにゃくにアレルギーを持っている人はまずいないことから、セラミドを摂取するための食品としては、非常に万人向きと言えます。

 

まとめ

セラミドは角質層に存在する細胞間脂質と呼ばれる物質で、水分を抱え込む保湿成分のひとつです。

肌の保湿に加え、外からの刺激から肌を守るバリア機能を作り出す重要な役割を果たしています。

セラミドは化粧品に配合し肌に直接塗って使うのが一般的ですが、経口摂取して身体の中から肌の保湿に寄与することも研究が進められています。

現時点でははっきりとしたエビデンスは得られていませんが、効果ありという研究結果もあることから、今後の研究結果に期待したいところです。

セラミドは米や小麦、こんにゃくなどの食品に含まれ、なかでもこんにゃくは他の食品に比べ含有量が7~16倍と非常に多く、またアレルギーの心配もほとんどないことから、おすすめの食品と言えます。

また食品だけでなく、セラミド配合のサプリメントも効率よくセラミドが摂れるのでおすすめです。