セラミドでスキンケア!お肌を乾燥から守る潤いアイテム

近年保湿成分として注目を浴びているのがセラミドです。

スキンケアの基本というべき肌の保湿において、セラミドはとても重要な役割を果たしています。

今回はセラミドの効果やスキンケアの基本についてご紹介します。

 

セラミドとはどんな成分?

セラミドは肌の一番外側にある角質層の中に存在する保湿成分です。

水分をたっぷり溜め込んだ角質細胞間の隙間を埋めるように存在する細胞間脂質と呼ばれる物質の一種です。

角質細胞とセラミドが織りなすラメラ構造と呼ばれる強固な構造によって、角質層内さらにはその内部の水分を保持し、また外部からの刺激から身を守るバリア機能を持っています。

角質細胞をレンガに例えるなら、セラミドはレンガ同士をくっつけるセメントのような存在です。

セラミドは年齢とともに減少してしまいますが、セラミドが減ると角質細胞を繋ぎとめることができなくなってしまうので、肌は乾燥してしまいます。

また、外部からの刺激にも弱くなってしまうため、紫外線その他の影響も受けやすくなり、シミやシワなどができやすくなってしまいます。

 

セラミドの種類


化粧品に配合されるセラミドには4つの種類があります。

まず人間が持つセラミドに一番近いのがヒト型セラミドと呼ばれるセラミドです。

このセラミドは酵母を原料として作られ、人間のセラミドと極めて近い構造を持つことから、肌との相性や浸透力、保湿力が極めて優れています。

次に動物から抽出された天然セラミドです。

このセラミドは主に馬の脊髄から抽出されるセラミドです。

動物性ゆえに人間のセラミドとも構造が近く、優れた浸透力、保湿力を発揮しますが、値段の高さがネックとなります。

次に植物性セラミドですが、これは米や小麦、こんにゃくなどから作られるセラミドです。

植物性なので人間の肌との相性は今ひとつなのですが、植物性ゆえの刺激の少なさ、コストの安さがメリットとなります。

4つ目は合成セラミドです。

その名の通り、化学合成して作られたもので、石油を原料としています。

人間のセラミドを模して作られたものですが、その構造は明らかに人間のものとは異なっており、疑似セラミドとも呼ばれるように、本来のセラミドとは異なる物質です。

大量生産でコストが安いのがメリットですが、保湿効果は他のセラミドに比べて劣ります。

 

セラミドスキンケアのメリット


最近セラミドが注目されるようになり、スキンケアの化粧品にもセラミド配合の商品がたくさん出回るようになりました。

セラミドは3大保湿成分のひとつとも呼ばれるほど、保湿に関しては重要な成分であり、また肌内部を外部からの刺激から守る大切な役割を果たしています。

 

バリア機能

セラミドは角質細胞とラメラ構造というとても強固な構造を形成しています。

この構造によって、外部からの刺激はシャットアウトされ、肌内部を守ってくれています。

加齢などの原因によってセラミドが減少してしまうと、このバリア機能は低下してしまい、外部の刺激を受けやすくなってしまいます。

紫外線によるシミやシワもできやすくなり、細菌なども身体の中に入りやすくなってしまいます。

このためセラミド化粧品によるスキンケアは、外部からセラミドを補うことにつながるため、バリア機能を保つのにとても有効です。

 

肌の保湿力

スキンケアの基本は何といっても肌の保湿にあります。

健康で美しい肌を保つためには肌に潤いを持たせることが何より大切です。

セラミドは肌の一番外側部分にあって、肌にフタをしているものと考えればわかりやすいのではないでしょうか。

セラミドが肌の外側で内部からの水分の蒸発を防いでくれています。

セラミドが不足してしまうと肌は乾燥し敏感肌になると言われています。

セラミドは外部から補うことで肌に浸透し、肌内部の潤いを保つために非常に役立ってくれます。

 

セラミド化粧品の選び方


セラミドにはいくつかの種類があることをご紹介しましたが、セラミド配合の化粧品を選ぶ際にはセラミドの種類をはじめ、いくつかポイントがあります。

そのポイントとは種類、配合量、低刺激、他の保湿成分などです。

 

ヒト型セラミド配合がベスト

セラミドの種類の中で最も肌との親和性、保湿力に優れているのはヒト型セラミドです。

構造的に人間のセラミドとほぼ同じなのですから、それもうなずけます。

値段の高いのがネックですが、効果優先で選ぶならヒト型セラミドがベストな選択と言えます。

ヒト型セラミドには、機能が確認されているものはセラミド1~7までの7種類が存在し、れぞれに機能的な違いがあります。

化粧品に配合されるものとしてはセラミド1、2、3、6があり、これらが含まれているかどうか確認しましょう。

 

配合量の多いモノ

ヒト型セラミドは高価なだけに、余りに値段の安い化粧品は配合されていたとしてもごく少量の場合があります。

配合量が明記されていればしっかり確認できますが、明記されていない場合は配合成分の表示順や価格で判断しましょう。

基本的には最低でも3000円以上のものを選びたいところです。

また、セラミドは脂溶性で水に溶けにくい性質のため、もしテクスチャーを確認できるなら、なるべくトロっとしたもののほうがたくさん配合されている可能性は高くなります。

 

刺激成分の少ないもの

セラミド化粧品に限らず、化粧品を選ぶ際にはなるべく着色料や保存料、香料、アルコールの含まれていないものを選びたいところです。

セラミドは水に溶けにくい性質のため、場合によっては界面活性剤が使われていることもあるので、その辺りの成分にも注意して選ぶようにしましょう。

 

他の保湿成分にも注目

スキンケアの基本は保湿ですから、セラミド以外の保湿成分にも目を向けてみましょう。

ヒアルロン酸やコラーゲンなどが含まれていると、さらに優れた保湿効果も期待できるというものです。

ビタミンC誘導体は直接保湿の効果はありませんが、浸透性に優れ、シミやシワに働きかけてくれるので、配合されているかチェックしてみてはいかがでしょう。

 

スキンケア化粧品の使用順と役割


しつこいほどスキンケアの基本は保湿であると言ってきました。

きちんと保湿を行うためには、正しい順番でスキンケアを行う必要があります。

またそれぞれの化粧品もちゃんと意味があるので、この機会におさらいしてみましょう。

 

化粧品の順番と役割

まず朝のスキンケアの順番は以下のようになります。

1.洗顔
2.化粧水
3.美容液
4.乳液
5.クリーム
6.メイク・日焼け止め

次に夜です。

1.クレンジング(メイク落とし)
2.洗顔
3.化粧水
4.美容液
5.乳液
6.クリーム

洗顔~クリームまでの基本的な順番は変わりません。

ただしメーカーや商品によっては多少異なる場合があるので、きちんと説明に従って使用するようにしましょう。

 

クレンジング、洗顔

クレンジングはメイクを落とすために行ないます。

メイク以外にも日焼け止めなどもクレンジングで落とします。

ノーメイクの場合は当然必要ありません。

洗顔は顔についたゴミや汗、余計な皮脂などを落とすために行います。

化粧水

化粧水は、あとで使う美容液やクリームが馴染みやすくさせることが主な目的です。

化粧水であらかじめ肌に保湿成分や美容成分を浸透させておけば、のちの化粧品の馴染みが良くなるというわけです。

化粧水をつけて放置してしまうと肌が乾燥してしまうので気をつけましょう。

美容液

美容液は文字通り肌に必要な美容成分を浸透させるために使用します。

化粧水と比べても美容成分が高濃度に配合されており、自分の肌に合った美容液を選ぶことが大切です。

乳液・クリーム

乳液は含まれる油分によって、水分が蒸発して肌が乾燥するのを防ぎます。

油分がクリームよりも少なく、水分と油分をうまく調和させてくれます。

クリームは乳液よりも油分が多く、しっかりと肌を保湿してくれます。

乳液とクリームは、人によって使ったり使わなかったりバラつきがあるようですが、肌の乾燥を防ぐためには使った方が良いでしょう。

 

まとめ


セラミドは肌内部の水分を保つために必要不可欠な成分です。

年齢とともにセラミドは減少してしまうため、セラミド化粧品でセラミドを補うことはスキンケアを行う上では非常に効果的です。

ぜひセラミド化粧品を用いて保湿を重視したスキンケアを心がけましょう。