セラミドの市販化粧品を選ぶコツは?そもそもセラミドとは

セラミド配合の市販の化粧品はいろいろな種類があります。

化粧水や美容液、乳液、クリームなどなど、様々な化粧品にセラミドが使われています。

ここではセラミド化粧品を選ぶ際にチェックするべきことや、そもそもセラミドはどのような働きをするのかなどについてご紹介します。

 

セラミドについて

セラミドとは肌の保湿成分として知られる物質です。

元々は人間の肌にも存在するものであり、角質層の中にあって角質細胞をがっちり固定する接着剤のような存在です。

セラミドは角質層の中にある細胞間脂質の8割を占めており、肌の保湿やバリア機能の形成に重要な役割を果たしている成分です。

 

肌の保湿と防御に欠かせない

セラミドは保湿因子である角質細胞を抱え込むようにして存在する細胞間脂質です。

セラミドが存在するおかげで角質細胞は固定され、角質層は潤いを保ち肌内部の水分も外部へ逃げることなく保持することができます。

角質細胞とセラミドは層を成して強固な構造を形成しています。

この構造はラメラ構造と呼ばれ、これにより肌は外部からの刺激をブロックし、また細菌などの異物の侵入も防ぐ強力なバリア機能を持っています。

セラミドは肌の保湿と防御をつかさどる大切な役目を果たす成分です。

 

セラミドは減る

セラミドは肌の保湿機能とバリア機能に欠かせない存在です。

セラミドが減ってしまうとこれらは機能しなくなってしまい、敏感肌などのトラブルを抱えることになります。

残念なことにセラミドは年齢とともに減ってしまう成分です。

これは自然の成り行きであり、避けることはできないのですが、加齢以外にもセラミドは減ることがあります。

まずセラミドは肌に物理的な刺激を与えることで減ってしまいます。

例えば洗顔など、必要以上にゴシゴシやったり何回も洗うのはセラミドを減らす要因になってしまいます。

また肌のターンオーバーの乱れもセラミドを減らす要因です。

セラミドはターンオーバーによって作られる成分なので、ターンオーバーがうまくいかなくなるとセラミドもうまく生成されず、減ってしまうことに繋がります。

 

セラミドは増やせる

セラミドは放っておくと減ってしまうのですが、セラミドを増やすことは可能です。

まずはセラミド配合の化粧品を使って肌に直接セラミドを補給することです。

そしてもうひとつは体の中からセラミドを増やすようにすることです。

セラミドは肌のターンオーバーによって作られていく成分なので、ターンオーバーを促進させることがセラミドを増やすことに繋がります。

ターンオーバーを促進させるためには、バランスの取れた食事、十分な睡眠、ストレスのない健康的な生活といったことが必要になります。

またはっきりと効果が確認されているわけではありませんが、セラミドを肌に塗るだけでなく、サプリメントなどで経口摂取することで、肌のセラミドが増えるとも言われています。

 

市販の化粧品に使われるセラミド


市販の化粧品に使われるセラミドとしては以下の4つがあります。

・ヒト型セラミド
・天然セラミド
・植物性セラミド
・合成セラミド

ここで、それぞれのセラミドについて見ていきましょう。

 

ヒト型セラミド

ヒト型セラミドはバイオセラミドとも言われ、人間が持つセラミドに非常に近いセラミドです。

酵母を原料として作られ、肌との親和性や浸透力、保湿力に非常に優れた効果を発揮するセラミドです。

化粧品の成分に「セラミド+数字」の表記があれば、ヒト型セラミドが配合されていることになります。

効果は高いものの、コスト的に高価な分たくさん配合しにくいのがネックです。

 

天然セラミド

天然セラミドは主に馬の脊髄などから抽出される動物性のセラミドです。

かつては牛からも抽出されていましたが、狂牛病問題が出てからは牛が使われることはなくなりました。

動物由来ということで構造的にも人間のセラミドに近く、優れた保湿力が魅力のセラミドと言えます。

ヒト型セラミド同様、コストが高いのが難点です。

ウマスフィンゴ脂質、セレブロシド、ビオセラミドといった表示名が使われます。

 

植物性セラミド

植物性セラミドは文字通り植物から作られたセラミドです。

原料としては米や小麦、大豆、トウモロコシ、こんにゃくなど様々な野菜が用いられています。

植物性セラミドは肌への刺激が少ないことが特徴で、特にこんにゃくから作られたセラミドはアレルギーの心配も少なく、近年注目されているセラミドです。

植物性セラミドは保湿力はそれほど優れているわけではありませんが、コスト的に安く様々な化粧品やサプリメントにも使われています。

表示名は植物性セラミド、コメヌカスフィンゴ糖物質などです。

 

合成セラミド

合成セラミドは石油原料から作られるものです。

セラミドを模して作られ「疑似セラミド」とも呼ばれるように、本当のセラミドではありませんが、セラミドに似た働きを持つ成分です。

保湿力はそれほどありませんが、合成セラミドのメリットはとにかく大量生産による価格の安さです。

価格の安い化粧品に多く使われています。

 

市販のセラミド化粧品を選ぶポイント


市販されているセラミド化粧品は化粧水から美容液、乳液、クリームに至るまで色々なものがあります。

どの化粧品を選ぶにせよ、セラミド入りのものを選ぶ場合には最低限これだけは押さえておきたいポイントについてご紹介したいと思います。

 

ヒト型セラミドが良い

セラミドの種類で選ぶなら、何といってもヒト型セラミドが一押しです。

人のセラミドと非常に構造が近く、それだけ肌との相性が良く、保湿力も優れています。

天然セラミドも良いのですが、人によっては相性が良くないこともあるようです。

植物性セラミドや合成セラミドは保湿力の面からすると、積極的に選ぶ理由はあまりないかもしれません。

 

配合濃度が高い

高価なセラミドもあまりに配合量が少なければ効果が期待できないので、セラミド化粧品を選ぶ際には配合濃度を確認しておきましょう。

配合量は必ずしも明記されているとは限らないので、成分表記される順番に着目してみましょう。

通常配合量の多い順番に表記されているため、目安としては10番目あたりに記載があれば配合量的には問題ないと思われます。

また価格的には最低3000円以上の商品を目安として考えましょう。

 

ビタミンが入っている

ビタミン類やスクワランといった成分には、ターンオーバーを正常化する働きがあります。

セラミドはターンオーバーによって作られることから、ターンオーバーを正常化することはセラミドの生成を促進させることにつながるため、ビタミンを含む商品を選びたいところです。

 

ナノ化などの浸透しやすさ

セラミドは分子のサイズが大きくそのままでは肌に浸透しにくい成分です。

これを解決するための手段として分子を小さくするナノ化などがあります。

ナノ化されたセラミドは肌に浸透しやすく、その分保湿効果も期待できます。

 

手頃な価格

どんなに効果のある成分が配合されていても、使い続けることができなければその効果の恩恵を受けることはできません。

化粧品は使い続けてこそ効果が現れるものなので、自分で使い続けることができるだけの価格のものを選ぶことが大切です。

 

まとめ

セラミドは角質層内に存在し、肌の水分を保持するのに欠かせない存在です。

保湿以外にも肌を守るためのバリア機能を保つためにも必要な成分です。

化粧品に含まれるセラミドには4種類があり、この中で最も効果の高いのはヒト型セラミドです。

市販のセラミド化粧品を選ぶ際には、こうしたセラミドの種類もさることながら、配合量やその他の成分、価格なども考慮して選ぶことが求められます。