セラミドの種類にはどんなものがある?選ぶならどれがいい?

セラミドには色々な種類があります。

人間が持っているセラミドにも色々ありますし、化粧品に使われているセラミドも様々です。

セラミドはその種類によって効果なども異なるため、化粧品選びにもセラミドの知識が求められます。

そこで今回は、たくさんあるセラミドの種類について、主な特徴や働きをご紹介します。

 

セラミドとは

セラミドは肌の一番外側にある角質層を形成する細胞間脂質において、約5割を占める成分です。

角質層の中で細胞間脂質は角質細胞を繋ぎ合わせる接着剤のような存在です。

水分で満たされている角質細胞を抱え込む形で保持しており、角質層の保湿の役割を果たす重要な成分です。

角質細胞と細胞間脂質が隙間なくびっしりと層を成した構造はラメラ構造と呼ばれ、高いバリア機能を有し外部からの刺激や異物の侵入をブロックしています。

セラミドは細胞間脂質として角質層の水分を保持し、潤いのある肌を保つ必要不可欠な成分です。

もしセラミドが減ってしまうと、角質層の水分を保持することができなくなり、また内部の水分も逃げてしまうので、肌は乾燥しバリア機能も低下してしまいます。

こうした状態が乾燥肌であり、外部からの刺激にも弱くなってしまうので、肌荒れを起こしやすくなるのです。

セラミドは年齢とともに減少していきます。

また、紫外線などの刺激を受けることによっても減少してしまいます。

このため肌の乾燥を防ぐためには、セラミド化粧品などを用いて肌を保湿する必要が出てきます。

角質層は水分を保持し外部からの刺激をブロックすることで私たちの身体を守っています。

その中心的な役割を果たしているのがセラミドなのです。

 

化粧品に配合されるセラミドの種類


セラミドは最強の保湿成分と呼ばれるほど保湿力に優れた物質です。

このため様々な化粧品に保湿成分として配合されています。

その化粧品配合されるセラミドとしては
・ヒト型セラミド
・天然セラミド
・植物性セラミド
・合成セラミド

の4種類のセラミドがあります。

ここではこの4つのセラミドについてご紹介します。

 

 

ヒト型セラミド

ヒト型セラミドはバイオセラミドとも呼ばれ、人間の肌に存在するセラミドとほぼ同じ構造を持つセラミドです。

ヒト型セラミドは酵母から生成され、人間のセラミドと極めて近い構造をしていることから、非常に肌との相性が良く、浸透力や保湿力、強力なバリア機能を有するセラミドです。

人間の肌には現在のところ11種類のセラミドの存在が確認されており、そのうち7種類はその働きが確認され、ヒト型セラミドとして化粧品に配合されています。

ヒト型セラミドは化粧品に使われるセラミドの中で最も高い効果があると言われていますが、同時にコストの高さがネックとなります。

 

天然セラミド

天然セラミドは動物性セラミドとも言われる動物由来のセラミドです。

以前は牛や馬といった動物から抽出されていましたが、狂牛病が問題となってからは牛が原料として使われることはなくなり、現在はほとんど馬由来のセラミドとなっています。

人間と同じ哺乳類から抽出されたものだけに、天然セラミドはヒト型セラミドに次いで肌との親和性や浸透性に優れたセラミドと言われています。

天然セラミドにはセラミドの生成を促進して増やす効果もあると言われています。

馬の脊髄などから抽出される貴重な成分だけに、コスト的には高くつくのが難点です。

 

植物性セラミド

植物性セラミドはその名の通り、植物から抽出されたセラミドになります。

その原料となるのは、米や小麦、トウモロコシ、大豆、こんにゃく芋などの植物性の食品です。

人間が持つセラミドとは構造的に異なることから、ヒト型セラミドや動物性のセラミドほどの効果はないと言われています。

また、天然セラミドに見られるようなセラミド生成を促すような働きもありません。

ただし植物性セラミドは、植物由来であることから動物由来のセラミドと比較しても肌への刺激が少ないセラミドと言えます。

特にこんにゃくから生成されるセラミドは、米や小麦から作られるセラミドよりアレルギーを起こす心配の少ないセラミドとして、アトピー肌のスキンケアにも注目されています。

 

合成セラミド

合成セラミドは石油の原料物質を元に化学合成され作られた成分です。

セラミドと似た構造を持っていることから、一応はセラミドと呼ばれてはいるものの、実際にはセラミドではなく「疑似セラミド」と呼ばれたりします。

多少の保湿効果はあると言われますが、他のセラミドと比べるとその効果の薄さは明確であり、全くの別物と言っていい成分です。

大量生産により製造可能なため非常に低価格であり、化粧品にも色々なものが使用されています。

 

ヒト型セラミドの種類


人間の肌には色々なセラミドが存在していますが、その中で働きが確認されているのはセラミド1~セラミド7の7種類で、他のセラミドは確認されていません。

酵母から生成されたヒト型セラミドは、人間のセラミドとほぼ同じ構造を持っています。

このため非常に高い親和性と効果を発揮するセラミドとして、色々な化粧品に配合されています。

特にセラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6の4つのセラミドは乾燥肌やアトピー性皮膚炎とも簡易の深い成分として重要視され、また美肌作りにおいても欠かせない成分として美容液をはじめ様々な化粧品に配合されています。

ここではセラミド1~セラミド7について、その働きをご紹介します。

 

セラミド1

セラミド1はセラミドEOSとも呼ばれます。

セラミド1には角質層内の水分を保持する働きがあり、また優れたバリア機能を持っていて、外部からの刺激から肌を保護する働きも持っています。

セラミド1はアトピー性皮膚炎の肌には少ないことがわかっており、アトピーとの何らかの関わりが指摘されています。

 

セラミド2

セラミド2はセラミドNSとも呼ばれるセラミドです。

人間が持っている様々なセラミドの中で最も多く、かつ最も保湿力の高いセラミド成分であることから、ヒト型セラミドの中でも化粧品によく使われています。

セラミド2は数的に多いことからその影響も大きく、身体全身にわたって肌の潤いを保つ役割を果たしています。

 

セラミド3

セラミド3はセラミドNPとも呼ばれるセラミドで、主に水分を保つ働きを持っています。

また肌にできるシワの改善や抑制をする働きがあることもわかっています。

セラミド3は加齢や紫外線を浴びることで減少してしまうため、特にシワが気になる方にとって補っておきたいセラミド成分と言えます。

 

セラミド4

セラミド4は角質を保護するための脂質の層を生成する働きがあり、角質を守る役目を果たしています。

 

セラミド5

セラミド5もセラミド4と同様に脂質のバリア層を形成して角質を保護・保持する働きがあります。

 

セラミド6

セラミド6はセラミドAPとも呼ばれ、水分を保つ働きとともに肌のターンオーバーを促す働きがあります。

またセラミド3のように、シワを抑え改善する働きも持ち合わせているセラミドです。

 

セラミド7

セラミド7は今までご紹介したセラミドとは少し毛色が異なり、皮膚に存在している常在菌のバランス及び細胞分裂をコントロールする働きを持つセラミドです。

 

乾燥肌、敏感肌にはヒト型セラミド


ヒト型セラミドは酵母から人工的に作られたセラミドですが、人間の持つセラミドとほとんど同じ構造をしています。

他のセラミドと比べても浸透力や保湿力に優れ、そして人肌と同じラメラ構造を形成し肌を保護する優れた働きもしてくれます。

このため、乾燥肌や敏感肌の保護や改善に大いに役立ってくれるセラミドとなっていて、いろいろな化粧品に配合されています。

化粧品を選ぶ際には、ヒト型セラミド特にセラミド1、2、3、6のいずれかが配合されているかチェックしましょう。

 

まとめ

セラミドは肌の水分を保ち、肌を刺激から守ってくれる大切な役割を果たす物質です。

化粧品に含まれるセラミドの種類はいくつかありますが、中でもヒト型セラミドは人間が持つセラミドそっくりに作られたセラミドであり、高い保湿機能と保護機能を持っています。

化粧品選びに迷ったら、配合セラミドの種類をチェックし、少しでも効果の期待できるものを選ぶようにしましょう。