セラミドパックの選び方や使い方は?パックの基本から解説

世の中には様々なパック商品が出回っています。

パックの種類もいろいろありますが、中にはセラミドが配合されたパックもあります。

お肌の保湿に欠かせないセラミドが配合されたパックは、どのように使うのがいいのでしょう?

ここではその選び方や使い方をご紹介します。

 

セラミドとは

セラミドは代表的な保湿成分のひとつであり、数多くの化粧品にも配合されています。

セラミドはもともと人間の肌に存在する物質であり、肌の潤いをキープするためにはなくてはならない存在です。

セラミドは角質層に存在する細胞間脂質と呼ばれる物質のひとつです。

肌の一番外側に位置する角質層の中で、セラミドは保湿因子である角質細胞の隙間を埋め、水分をがっちりと抱え込み逃がさない働きをしています。

この働きにより、角質層はもちろん、肌内部の水分が蒸発して逃げるのを防ぎ、肌の潤いを保つ役割を果たしています。

セラミドはこうした保湿力とともに、外部からの刺激から肌を守るバリア機能を高める働きも持っています。

セラミドが少なくなってしまうと角質細胞を保持することができなくなるため、肌は乾燥しバリア機能は著しく低下してしまいます。

健全な肌を保つためにセラミドが必要なのです。

 

セラミドにもいろいろ種類がある

化粧品によく使われるセラミドですが、その種類は4つあります。

その4種類とは、人間の肌にあるセラミドに極めて近い構造を持つヒト型セラミド、馬などの動物から抽出された天然セラミド、米などの植物から作られる植物性セラミド、石油から作られる合成セラミドです。

この中で最も保湿効果が高いとされるのはヒト型セラミドです。

構造的に人間のものとほぼ同じであり、肌との親和性や浸透力も極めて優れたセラミドです。

また天然セラミドも動物由来ゆえに人肌との相性がよく優れた保湿効果を発揮します。

植物性セラミドは保湿力が今一つの感は否めませんが、肌への刺激が少なく、また肌に塗るだけでなくサプリメントの服用成分としても用いられています。

合成セラミドは本来セラミドではありませんが、大量生産が可能であり、安価な保湿成分として広く使われています。

 

フェイスパックの種類


フェイスパックにはいくつかの種類があります。

それぞれのタイプによって特徴があり、用途も異なります。

 

シートマスクタイプ

シートタイプのフェイスパックはマスク状のシートを顔にのせて使うものです。

手軽にパックができるアイテムとして、とても人気があります。

最近ではアニメや動物などのデザインが施されたものも出回っており、実用性だけでなく見た目にも楽しめる商品となっています。

素材としてはコットンやレーヨン、ポリエステルなど、肌に直接つけるものだけに低刺激なマテリアルが使われています。

この手の商品はとても低コストで、なおかつ手軽にスキンケアができるのが魅力です。

ものによっては様々な美容成分が使われているものもあって、使う人の肌質に合わせたスキンケアを行うことも可能となっています。

今やパックといえばコレというくらい、定番のアイテムとなっています。

 

塗るタイプ

クリームやジェルを塗って、時間をおいて美容成分を浸透させ、あとで剥がしたり洗い流したりするタイプのパックです。

一昔前のパックと言えばこのタイプが主流でした。

塗るタイプの場合、あとから剥がしたり洗い流したりするのに少し手間がかかるのがネックです。

ちょっと面倒くさがりな人には向いていないかもしれませんね。

しかしシートタイプと比べると肌との密着性が高くより高い効果が期待できる、小鼻や目元周りの繊細かつ細かな部分がケアしやすいといったメリットがあります。

こまめに丁寧にお手入れをしたい場合におすすめのパックアイテムです。

 

部分タイプ

顔全体をパックするのではなく、目元やほうれい線など気になる部分のみをパックするタイプです。

その部分に合わせた設計がされているため、気になる部分を集中的にケアすることができます。

シートマスクタイプのものを部分加工して使っている方もいるようですが、やはり専用に設計されたもののほうが密着性もよく、より効果が期待できるようです。

もし気になる部分が限定されているのなら、顔全体のパックより部分タイプのほうが効率よくかつ効果的なケアを行うことができます。

 

スリーピングタイプ

スリーピングタイプは夜塗ってそのまま寝るタイプのパックです。

寝ている間に美容成分を浸透させることができるため、忙しくて時間がない、面倒なのはイヤという方にピッタリの時短アイテムではないでしょうか。

このタイプはジェル状のものが多く、寝ている間に寝具につくのが心配になりますが、意外とべたつきは少なくあまり心配はいらないようです。

スリーピングパックは寝ている間にスキンケアができてしまうことから、最近人気のパックアイテムとなっています。

 

フェイスパックの注意点


フェイスパックはただすればいいというわけではなく、やはり行う上では注意すべき点がいくつかあります。

 

フェイスパックの頻度

まずパックの頻度としては週1~2回が基本になります。

パックの目的は肌に美容成分を浸透させ届けることです。

過剰に美容成分を与えることは肌にとっては好ましいものではなく、肌トラブルを引き起こすことにつながります。

栄養価の高い食べ物も食べ過ぎれば害になるのと同じように、多すぎる美容成分も肌にとってはマイナスとなります。

この辺は使う商品の説明を確認し、自身の肌の状態をよく見ながら使用するようにしましょう。

 

時間を守る

スリーピングタイプのものは別として、通常パックには使用時間が設定されています。

大体5~10分程度のパック時間が定められているものが多いかと思います。

長くつけた方が効果がありそうな気がしますが、長く肌にのせておくとパックは乾き、逆に肌から水分を吸収してしまう恐れがあります。

パックで肌を潤わせるはずが、パックによって潤いを吸い取られることになりかねないので、決められた時間を守って使うようにしましょう。

よくパックをしたまま長時間テレビを見て夢中になっている人がいますが、全く正しくありません。

 

パックは洗顔後

パックは美容液の成分を肌に浸透させるものなので、使うのは当然ですが洗顔を行った後と言うことになります。

肌にメイクや汚れが付着した状態では美容成分が浸透しにくくなってしまいます。

しっかりとクレンジング、洗顔を行い、汚れを落とした状態でパックを行いましょう。

 

パック後はクリームを

パックをした後はクリームなどでしっかり保湿することも必要です。

パック後はいわゆる化粧水や美容液をつけた状態と思えばいいでしょうか。

そのまま放置してしまうと、どんどん水分が逃げて乾燥してしまいます。

またパックをのせていない部分はパックの最中に乾燥してしまうので、パック開始の段階でクリームを塗っておきましょう。

 

セラミドパックを選ぶ際のポイント


セラミドパックを選ぶ際には、やはり効果の面を考えるとヒト型セラミドがおすすめです。

また肌が弱い方には刺激の少ない植物性セラミド配合のものもおすすめです。

セラミドの配合量も気になるところなので、確認しておきたいところです。

その他、ナノ化セラミド配合であれば、浸透力に優れているのでより効果が期待できると言えます。

 

セラミドパックを使う際のポイント

セラミドパックを使う場合は、いかに肌に密着させて成分を効率よく浸透させることができるかにあります。

このためシートを貼るタイプなどの場合は、パックの上からラップをかぶせ密着させるなどの方法がより効果的です。

塗って洗い流すタイプのものを使うのが、セラミドパックとしては良いようです。

 

まとめ

セラミドは様々な化粧品に配合される保湿成分です。

当然パックなどにも配合され、肌の保湿に一役買っています。

パックにはいろいろな種類や注意点がありますが、セラミドパックの場合も同じです。

セラミドパックを選ぶ際には、効果の高いセラミドが配合されているものを選び、肌へきちんと密着させじっくり浸透させることを心がけましょう。