セラミド不足は毛穴トラブルの元?乾燥肌が毛穴に及ぼす影響

セラミドは肌の保湿成分として知られています。

しかし毛穴との関係についてご存知でしたか?

実はセラミドと毛穴トラブルには密接な関係があるようです。

ここではセラミドがもたらす毛穴トラブルへの影響についてご紹介します。

 

セラミドについて

セラミドと言えば保湿成分の代表的存在ですが、実は元々お肌に存在する物質です。

私たちの肌は外側から表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっていて、このうち一番外側にある表皮の部分にセラミドは存在しています。

表皮は私たちの身体の水分を保持し、また外部からの刺激や異物の侵入を防ぐ重要な役割を果たしています。

セラミドは表皮の中でも一番外側にある角質部分に存在する細胞間脂質と呼ばれる物質です。

水分や油分を豊富に含んだ角質細胞を保持するような形でセラミドは存在しており、肌の水分を保つことができるのは、まさにセラミドのおかげなのです。

また、角質細胞とセラミドはラメラ構造と呼ばれる強固な層を形成することで、外部からの異物や刺激を遮断する優れたバリア機能を発揮してくれています。

セラミドが不足してしまうと肌は水分を保持することができずに乾燥してしまうとともに、バリア機能も低下し外部の刺激に対し極端に弱くなってしまいます。

 

セラミドの種類

化粧品に使用されるセラミドは大きく以下の4種類に分けられます。

・ヒト型セラミド
・天然セラミド
・植物性セラミド
・合成セラミド

ヒト型セラミドは元々人間が持っているセラミドに極めて近い構造をしているセラミドです。

天然セラミドは主に馬から抽出される動物性のセラミドで、植物性セラミドは米や小麦、こんにゃくなどから抽出される植物由来のセラミドです。

合成セラミドはセラミドに似せて石油原料から化学合成された物質です。

合成セラミドはセラミドとは別物であり、植物性セラミドも人間のセラミドとは構造的に異なるため人間の肌との親和性は今ひとつと言われています。

人肌に大きな効果を発揮するのはヒト型セラミドと天然セラミドです。

どちらも人間のセラミドと構造が似ていることから肌との親和性や保湿力に優れています。

他のセラミドと比べるとコスト的に高くなってしまいますが、せっかく使うのであればぜひ効果の高いものを使いたいところです。

 

おすすめはヒト型セラミド

いくつかあるセラミドの中でも特に効果が期待できるのがヒト型セラミドです。

ヒト型セラミドは酵母から作られるセラミドでその名の通り、人間が持つセラミドに極めて類似した構造を持っていることから、保水力や肌との親和性は他の追随を許さないと言っても過言ではありません。

価格の高さがネックなのですが、化粧品に使われるセラミドの中で最も効果がありおすすめなのはヒト型セラミドです。

ヒト型セラミドにはいくつかの種類があり、それぞれ働き・機能が異なります。

 

ヒト型セラミドの表記と特徴

ヒト型セラミドはセラミド+数字の形で表記されます。

現在その機能が確認されているヒト型セラミドはセラミド1~7までの7種類があります。

・セラミド1…高いバリア機能を発揮
・セラミド2…高い保湿効果
・セラミド3…保湿効果とシワ改善
・セラミド4…バリア機能
・セラミド5…バリア機能
・セラミド6…保湿効果とターンオーバーを促進
・セラミド7…皮膚の常在菌をコントロール

化粧品によく配合されているのはセラミド1、2、3、6です。

この中でセラミド2は人間が持つセラミドの中で最も割合が多く、高い保湿力を持つセラミドとして注目されているセラミドです。

 

乾燥肌が毛穴トラブルを引き起こす


肌が乾燥するとそれに伴い角質は厚くなり、その結果肌のターンオーバーは乱れ、肌の再生がうまくいかなくなります。

また乾燥を防ぐために皮脂も過剰に分泌するようになるため、ニキビをはじめ様々な肌トラブル、毛穴トラブルを招くことになります。

 

セラミド不足で乾燥肌に

セラミドは年齢とともに減少する成分です。

セラミドが減ってしまうと肌は乾燥し、バリア機能も低下してしまいます。

その結果、紫外線など外部の刺激にも弱くなりシミやシワも引き起こしやすくなります。

セラミドが減って角質の構造が崩れてしまうと、肌内部の水分はどんどん蒸発して逃げてしまい、肌は乾燥してしまうわけです。

こうなると肌を再生させるターンオーバーも乱れてうまく機能しなくなり、肌や毛穴のトラブルが顕著に現れてくることになります

 

主な毛穴トラブル


肌の乾燥はいろいろな毛穴トラブルを引き起こします。

どんなトラブルがあるのか見ていきましょう。

 

角栓

角栓は古い角質と皮脂が混ざって毛穴を塞いでしまう物質です。

肌が乾燥しターンオーバーが乱れてしまうと古い角質が剥がれ落ちず残ってしまい、皮脂と混ざり合い毛穴を塞いでしまいます。

角栓は毛穴を塞いでしまうことからニキビの原因にもなります。

 

たるみ毛穴

肌がたるんでしまって毛穴が緩んでしまう現象です。

肌がたるんでしまう原因としては、加齢と肌の水分不足が挙げられます。

肌の弾力は表皮の下にある真皮層によってもたらされます。

真皮層のコラーゲンやヒアルロン酸は、加齢や肌の乾燥によって水分が足りなくなると弾力を失い、肌のたるみを引き起こしてしまいます。

セラミドを補うことで角質層の潤いを保つことは、真皮層からの水分蒸発を防ぐことにもつながります。

 

乾燥毛穴

肌が乾燥することで肌のハリの元となるヒアルロン酸やコラーゲンは弾力を失ってしまいます。

その結果、毛穴も楕円状にゆるみ目立ってしまうことになります。

コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すためにも、まずはセラミドを補って角質層の潤いを保ち、水分の蒸発を防ぐことが必要になります。

 

毛穴が開く

通常、毛穴は丸いものですが、毛穴が楕円形をしているような場合は、肌の乾燥によって毛穴が開いてしまった状態と言えます。

肌が乾燥してしまうと、それを防ごうとして皮脂が分泌されます。

皮脂は毛穴の奥にある皮脂腺から分泌されているので、分泌されている間は毛穴が開いた状態となっています。

肌が乾燥すればするほど、その状態を解消しようとして皮脂は分泌し続けます。

その結果毛穴は開いた状態が続いてしまうのです。

 

乾燥肌にはセラミドが有効


セラミドは肌の一番外側にあって、角質の水分を維持するとともに肌の内側からの水分蒸発も防ぐフタのような役割も果たしています。

このため角質は肌の水分を保持するための最後の砦とも言える存在です。

セラミドがたくさんあることで肌の水分は保持され、潤いのある肌を保つことができます。

セラミドはコラーゲン、ヒアルロン酸とともに、3大保湿成分のひとつと言われるほど肌の乾燥と密接なつながりがあり、肌の乾燥やバリア機能の強化に非常に有効な成分です。

 

肌の潤いを保つにはセラミドが必要

角質層にセラミドが存在することで肌は水分を維持することができます。

逆にセラミドが失われてしまうと、肌の内側にある水分はどんどん蒸発して逃げてしまい、肌は弾力を失い毛穴のトラブルも目立つようになります。

この状態で水分を補っても水分は逃げていってしまうだけなので、これを防ぐためにはセラミドを補って角質層を正常にする必要があります。

 

潤いあるふっくらした肌が毛穴を目立たなくする

角質層にセラミドが豊富にあって水分を保持している状態では、肌には潤いとハリが出てきます。

このように肌がふっくらと潤いのある状態になると毛穴も目立ちにくくなります。

毛穴を目立たなくするには、肌の潤いとハリがとにかく必要なのです。

 

まとめ

肌の乾燥は毛穴が目立ったり毛穴のトラブルを発生させる原因となります。

角質層にあるセラミドが減ってしまうと、角質層の構造が維持できなくなり肌の乾燥を引き起こします。

毛穴のトラブルを防ぐためには、まずは化粧品などでセラミドを補い、肌の乾燥を防ぐことが何より大切です。